Windows 8.1が壊れる

Winodwsを起動したらなぜか30分ほど待たされるので、電源ボタンを長押しして再起動したら
Recovery(Error code:0xc0000034)の画面(リンク先はPanasonicのサポートサイト)が表示されて起動できなくなった。
どうやらBCDという領域がクラッシュしてしまったようだ。
Dellのノートパソコンだったので、リカバリーメディアもなくUSB回復ドライブを作ってあったのでなんとか復旧できたが、ないと途方に暮れるところだった。
Windows 8.1を購入される場合には、インストール後にUSB回復ドライブを作成しておくことを強くお勧めします。