ヤマハ AVレシーバー 5.1ch RX-V475を買う

以前よりDLNA対応のオーディオプレイヤーを買いたいと思っていたが、4年半越しにようやく購入することができた。
購入のきっかけは増税前の駆け込み需要に乗っかっただけ。
でも結果的に良い買い物ができたと思う。
RX-V475を購入したが、正直迷ったのは、パイオニアのSBX-N700だった。
SBX-N700はMiracastに対応していて、スマホの写真や動画などをテレビで表示できて使いやすそうだし、スピーカーもセットなので手軽に導入できる。一方でRX-V475はAVレシーバだけなのでサラウンドシステムを導入するためには、スピーカーは別途購入しなきゃいけない。
決定的だったのは、拡張性があるRX-V475の方が価格が安かったことと、アプリが使いやすいという口コミだった。
実際に使ってみての感想だが、やはりアプリが使いやすい。
液晶パネルやテレビでの設定画面において再生している曲名表示がマルチバイトに対応していないのは正直ありえないが、スマホ中心に操作している分には気にならない。
スピーカーは古いものを使っているが、やはりアンプがいいと音が違う!!ような気がする。(特に低音)

カラー表示パネルに r-18 の謎の表記

一条工務店の夢発電システムは、パワーコンディショナーならびにカラー表示パネルに田淵電機工業の商品を利用している。
昨年10月にパワーコンディショナー故障があり、保守に来てもらったことで判明した。(もちろん電力契約に際して、型番情報などの記載があり、メーカーは把握できる状況ではあったが、意識していなかった)
今回、マニュアルに記載のなかった “r-18” というエラーメッセージがカラー表示パネルにあったので、サポートに問合せしたところ(積雪で)3日間以上発電しない場合に表示されるメッセージということを回答いただいた。
マニュアルに記載してもらえればいいのに。。。。
大文字のRの表示は故障を示すだけに紛らわしい。