ダメな”システム屋”にだまされるな!

という30年近くシステム屋さんを勤めるエンジニアが書いた一冊。思わずはっと感じることが多かったので読んだ感想を書いてみる。
http://price.zaiteku.jp/products/detail/4822230341
1.ハードの値段が下がってもソフトの値段が下がらない理由
ハードは性能が良くなるのに値段が下がる一方で、ソフトウエアはそうならない理由は、パッケージを適用する風潮があるものの依然として業務フローをパッケージに合わせず、業務フローに合わせてソフトウエアを開発することにある。これはユーザーがそうしたいからではなく、パッケージを作るリスクを避けるベンダーが受託開発をし続けたい思惑が強い。
2.なぜITを導入するのか?
経営の意志決定を早くしたり業務効率を改善するためのIT導入するはずにもかかわらず、なぜか導入することが目的になっている。これもベンダーの提案力が弱いせいか、はたまたシステムの稼動がスタートであるユーザーに対して稼動がゴールであるベンダーとの思惑の違いなのか??
3.多忙と徹夜を「喜ぶ」最悪の”システム屋”
どんな仕事も計画的であれば多忙と徹夜は最小限に押さえられるはずだが、受託業務の仕事なので受注の波を平準化することは難しくそううまくはいかない。ただ、徹夜でことを成し遂げることがすごいと思われると勝手に考えてしまう被害者妄想は捨てるべきだ。
4.「コンサルタントになりたい」という逃避願望
僕もいまの会社に入るときに将来何になりたいかという質問に対して答えた一言。いまの仕事の単価が低いからより儲けるためにコンサルタントになりたいとか、プログラムを組む製造現場に飽きたからとコンサルタントという名前を言葉にしてはいけない。
単価が低いならば作業効率をあげる工夫をせよ、プログラムを飽きるというのはその仕事のやり方に工夫がないからである。違う道に進もうとしてはいけない。
5.「1人月150万円」が「年収1800万円」ではない理由
6.派遣契約と請負契約について

請負契約は派遣契約に比べて責任が大きいため会社で背負うリスクも大きいのである。従って会社は利益を沢山得るようになっている。
というのは建前であって請負契約のリスクも個人が背負っているわけにもかかわらず、給料だけが低い。個人に責任がかかるようであれば、いっそのこと派遣契約で仕事を会社は得るようにするか、利益を社員にフィードバックして労使ともに円満でなければならない。
7.「ネットだから低コスト・低品質」で良いのか?
前の会社では仕事と趣味の境界線が曖昧であったと言えると思う。仕事には責任が伴うはずだがネットでのシステム開発は専ら品質向上の取組が少ないように今の会社に入って思う。ただ最近はそうではないのかもしれない。。。
8.このままでは”システム屋”の給料は下がり続ける
9.”35歳定年説”は、勉強で乗り越えられる

自分は付加価値をあげるための勉強をたえずし続けられているかかなり怪しい。前の会社にいた同僚はいまでも高いモチベーションで挑戦し続けている。自分も見習わなければ他の技術者となんら代わり映えがなくなり、結果的には安い給与の新入社員(マクロにいえば人件費の安い外国のエンジニア)にとって代わられる。
最後に・・・
システムエンジニアは技術者としてのプロフェッショナルである必要があると同時にそもそもサービス業としてシステムを売っている側面があることを忘れてはいけない。
サービス業だからこそ客への配慮を欠かさないようにしなければならない。つまり、システムが分からないからと客をばかにしたり、傲慢であってはいけない。また、最終的な解を自分の中に持っていたとしても課題に対する提案については選択肢を与える努力を怠ってはいけない。(システム化は手段であって目的ではないため、システム化提案の中のひとつには、あえてシステム化しないという提案も時には必要である。)
来年同じ文章を見返して、どこまで自分の中で努力できているかを振り返ることとしたい。

無線LANルータ「WZR-HP-G301NH」について

引っ越してきた新居では船橋の住居と違って建物に対する配慮が少し足りておらず、LAN配線も情報コンセントがないので、光ファイバーの引き込みがない部屋でパソコンをしようとするとネットワークケーブルを這わすか、無線LANにしなければならない。
1歳の子供がいるとネットワークケーブルは格好の餌食になってしまうので、無線LANを構築することにした。
構築にあたりブロードバンドルータがギガビット対応していることから、アクセスポイントに求めた要件は次の通り。
・802.11n(300Mbps)に対応していること。
・有線LANポートはギガビット対応していること。
・できれば省エネタイプがよい。
上記の要件を満たすアクセスポイントは、
IO-DATA WN-G300DGR
BUFFALO WZR-HP-G301NH
NEC PA-WR8700N-HPがあった。
その中で値段が安く、USBポートにハードディスクやメモリキーを刺すことで簡単にNASを構築できるという付加価値の高い「WZR-HP-G301NH」を購入することにした。
ブリッジモードで利用しているのだが、実際に使用した感想としては、Web管理画面の作りこみが良くされており非常に多機能であることはわかるのだが、操作している途中にWebコンソールにアクセスできなくなったり、保存をするたびに再起動するためか10秒程度待たされることにストレスを感じる。また、初期のIPアドレスがルータモードをOFFにした状態ではDHCP取得であるとマニュアルに書いてあるにもかかわらず、実はハードにラベルで記載のある静的アドレスが割あたっているなど詰めの甘さがあるように感じた。
Webコンソールにアクセスできなくなる現象は、どうやら高負荷時や子機との通信速度変更時にアクセスポイント本体の応答ができなくなる(pingも通らない)現象のようで、もしかしたら初期不良にあたってしまった可能性もある(購入した人たちのコメントに同様の事象が書かれていないので。。。)。ただ、アクセスポイント本体への通信ができない場合でも他のホストへ通信したりインターネットに接続するうえでは問題がないので、通常利用時には特に不都合な点はなさそうである。
また、NASの機能としては、実際に操作してみたところREGZAからハードディスクが読み取りできたので問題なさそうだが、実際に録画するとエラーになったりともう少し原因を調べてみる必要がありそうだ。(もちろんメーカーは動作保証していないので、WZR-HP-G301NHが悪いわけではなく、自己責任の範囲となるが。。。)
ハードウエアのスペックに対して、実装している機能が多すぎるのかどうかはわからないが、ちょっと残念な感じである。BUFFALOの製品は個人的に好きなので、今後に期待したいと思う。