LPIC Level1試験受験(102)

先週に引き続きLinuxの認定試験LPICを受験した。
今回受験する試験は、前回と異なり102試験であり、先週合格した101試験と合わせて合格することでLPIC Level1認定となる。
やはり今回も入力する試験が多かったように感じる。
前回の反省から出題範囲をhttp://www.lpi.or.jp/exam/200808-102.shtml を確認して受験したが、重要度はあまり参考にならないようだ。
重要度4の「105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する」は2問しか出ないにもかかわらず、重要度2の「105.3 SQLデータ管理」や「106.1 X11のインストールと設定」、「106.2 ディスプレイマネージャーの設定」もそれぞれ2問ずつ出ていた。
今回も見直しを1度行って、恐る恐る試験終了ボタンを押したところ、
あなたの得点:580
必修合格点:500
結果:合格
という内容が画面に表示され、ほっとした。 (今回も580点だった)
しかし、セクションごとの正解率は
Shells, Scripting and Data Management・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60%
User Interfaces and Desktops ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100%
Administrative Tasks・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75%
Essential System Services・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60%
Networking Fundamentals・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71%
Security・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・55%
Shells, Scripting and Data Management、Essential System Services、Securityは合格ラインに達していないので、LPIC2受験勉強に当たっては、さらに細かく習得しなければならないだろう。
大学の時以来一切触っていなかった、GUIに関する正答率が100%だったのは意外だった。

X Window System

代表的なディスプレイマネージャーには、GDM、KDM、XDMがあり、それぞれKDE、GNOME、X Window Systemのディスプレイマネージャーであり、/etc/X11/kdm、/etc/X11/gdm、/etc/X11/xdm ディレクトリに設定ファイルが格納される。
起動するディスプレイマネージャーを変更するには、/etc/X11/dmcfgファイルの設定を変更する。
X Window Systemの実装として広く利用されている、X.Orgの設定ファイルは /etc/x11/xorg.conf。
/etc/X11/xdmディレクトリの設定ファイルには次のものがある。
xdm-config 各設定ファイルの位置などの設定
Xsetup ユーザーのログイン前に実行されるスクリプト
Xsession Xstartup実行後にユーザー権限で実行されるスクリプト(Xstartupはユーザーログイン後にroot権限で実行される)
Xresources ログイン用画面に必要な設定(デザイン変更など)
XDMによるリモートログインを可能とするネットワークプロトコルはXDMCP(X Display Manager Control Protocol)。
X Window Systemでウィンドウに関する情報を表示するためには、xwininfoコマンドを利用する。

特殊変数

$? コマンドの実行結果(正常終了は0 異常終了は0以外)
$# 実行時に指定した引数の総数
$* 実行時に指定した引数のリスト

情報処理技術者試験結果

データベーススペシャリスト試験を受けてきました
の結果が6月に発表されていたものの、育児休暇で石川にずっと戻っていたため照会するための情報がわからず確認できなかった。
受けた結果では、午後I次第だったという感想だったが、
受験番号 DB320-XXXX の方は, 不合格 です
午前I得点 68.00点
午前II得点 76.00点
午後I得点 76点
午後II得点 41点
で午後IIが原因で不合格でした。(いずれも60点がボーダーライン)
春の試験は相性が悪く、連敗中です。
にしても、自信があったと思っていたものに対して、正答率が40%程度だったということに衝撃を覚えてしまう。。。
午前Iが合格だということで、向こう2年間は午前Iが免除になりました。これだけが不幸中の幸い?です。

LPIC Level1試験受験(101)

Linuxの認定試験LPICを受験した。
LPICは受験料がベンダー試験並みの15,000円と高く、2つの試験を合格して初めてレベル認定がされるという営利主義の強い試験。また、Level2試験を受けるためには、Level1試験を合格していなければならない。
ただ、割と人気があって知名度も高い。
今年の4月からお祝い金が会社から出る資格リストに加わったので、試験勉強を始めた。
問題を見てびっくりした。わかってはいたものの4月から試験が少し変わっていて、出題範囲が一部変わっていた。出題範囲をちゃんと確認しておくべきだった。
http://www.lpi.or.jp/exam/200808-101.shtml
情報処理技術者試験とは違って、試験終了ボタンを押すとすぐに結果が分かってしまう怖い試験。それだけに解答は30分で終わったものの、それからしばらく見直し作業をした。
60問中65%が合格ラインだが、回答に自信がない問題がなんと20問もあった。恐る恐る試験終了ボタンを押したところ、
あなたの得点:580
必修合格点:500
結果:合格
という内容が画面に表示され、ほっとした。
しかし、セクションごとの正解率は
System Architecture・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25%
Linux Installation and Package Management ・・・・・・・・・・・・・・63%
GNU and Unix Commands・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73%
Devices, Linux Filesystems, Filesystem Hierachy Standard・・86%
システムアーキテクチャの正解率が低すぎた。
出題数(重要度)が少なかったのが不幸中の幸い。
102試験を合格してようやくLevel1となる。
来週からじっくり勉強をして、102試験は楽にパスできるようにしたい。

ドライバモジュール

モジュールのロード
insmodは依存関係のチェックをせずにモジュールをインストールする
modprobeは依存関係のチェックをしてモジュールをインストールする
モジュールのアンロード
rmmod -a で問題を残さずアンロードができる
モジュールの一覧表示
lsmod cat /proc/modules とほぼ同じ内容を得られる
依存関係ファイルの作成
depmod modules.depファイルを作成する
モジュールに関連する情報を表示
modinfo モジュール名
ドライバモジュールのロードするための設定ファイルは、
/etc/modules.conf (Kernel 2.6以降は /etc/modprobe.conf )に保存される

rpmコマンド

RPM Package Managerの略でソフトウェアのパッケージを管理するためのシステム。
rpm -i –force パッケージ名
現在のインストール状況にかかわらずインストールを行う(依存関係は考慮される)
rpm -e –test パッケージ名
依存関係がなければアンインストールを行う
rpm -e –nodeps パッケージ名
依存関係を無視してアンインストールを行う
rpm -qR パッケージ名
依存関係にあるパッケージを表示
rpm -qf ファイル名
ファイルが含まれるパッケージを表示
rpm -Vp パッケージ名.rpm
インストール済みパッケージをRPMパッケージと比較して不足しているファイルを検証する
rpm -Va
インストール済みのすべてのパッケージにおいて不足しているファイルを検証する

dpkgコマンド

Debianパッケージをインストールする際に利用する
dpkg -i パッケージ名.deb
インストールコマンド apt-get install パッケージ名 (拡張子なし)と同じ
dpkg -purge パッケージ名
完全なアンインストールコマンド apt-get -purge remove パッケージ名 と同じ
dpkg -r パッケージ名
/etc以下の設定ファイルを残してアンインストール apt-get remove パッケージ名 と同じ
dpkg -S ファイル名 or ライブラリ名
パッケージを検索するコマンド auto-apt search ファイル名 or ライブラリ名と同じ
dpkg -audit
インストールが中断して完了していないパッケージを表示

SEのフシギな生態 失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条


平成15年に出版された本だが、久しぶりに読んでみると今でもなにも現状が変わっていないんだとあらためて思い知らされる。こうすれば失敗するというところが書かれているだけに、仕事を進める上で押さえておきたいポイントが見えてくるので、非常に参考になる。

Makefile

includeディレクティブもしくは-includeディレクティブでインクルードしたいファイルを記述する
CPPFLAGSにはCプリプロセッサ用のオプションを指定する