トラックバックとPageRank

今日このブログのトップページのPageRankが3になっていたことに気づいた。
ただ、被リンクは自サイトのみということになっている。
Google Sitemapへの登録によって確実にインデックス数は増えているもののPageRankが3になる理由は思い当たらない。
おそらくトラックバックによる影響だろう。現在トラックバックをしているのは、CNET JAPANIT Mediaだったりするわけだが、最近Blog Pingを送るようにもしているので、(検索結果には出てこないが)PageRankの高いサイトからの被リンク数が増えたことが大きいのかもしれない。
やはりトラックバックというのは無視できないようそのようだ。

“トラックバックとPageRank” の続きを読む

Windows起動時に\system32\Config\Systemが破損しているため起動できないというエラーが発生する

友人のパソコンでWindows起動時に\system32\Config\Systemが破損しているため起動できないというエラーが発生していたので、検索してみたら結構エントリがありました。自分は一度も遭遇していないけれども、こういうことがあるらしい。
http://www7.plala.or.jp/asahikawa-ing/winxp_2.html

“Windows起動時に\system32\Config\Systemが破損しているため起動できないというエラーが発生する” の続きを読む

ajaxが外部ホストを参照できない

これはAjaxの仕様のようだ。XMLHttpRequestはまだ標準が存在しないが、大方のブラウザにおいては外部ホストを参照できないようになっている(例外をthrowする)。なぜ参照できないかを記述したWebサイトが見当たらないので理由は良く分からないのだが、これができるともう少し幅が広がるような・・・???
関連サイト:
やまねこのWebメモ
Ajaxの勉強

Zend Japanが提唱するコード標準

今日、とある理由でZend Japanの社長とお会いすることができました。Zend Japanのページを見てみると、コード標準が存在していました。社内でもコード標準があるのですが、制定するのにずいぶん苦労しました。こういう形でガイドラインがあれば非常に参考になりますね。
http://www.zend.co.jp/tech/index.php

一次元配列→多次元配列への変換

array(‘a’, ‘b’, ‘c’, ‘d’)のような1次元配列をarray(‘a’=>array(‘b’=>array(‘c’=>array(‘d’))))のような多次元配列に変換するにはどのようなアルゴリズムを用いればよいだろうか?
おそらくこれを実現するのは、ポインタを使わざるを得ないだろうということで以下のようなコードを実装してみた。

 function _makeTreeStructure($arr_level, $value){
  $arr_data = array();
  $p = &$arr_data;
  for ($i = 0; $i < count($arr_level); $i++){    $p = array($arr_level[$i] =>
    ($i == count($arr_level) – 1) ? $value : ”);
   $p = &$p[$arr_level[$i]];
  }
  return $arr_data;
 }

実行コード

var_dump(makeTreeStructure(array(‘a’, ‘b’, ‘d’, ‘a’, ‘b’, ‘d’), 3));

結果は以下の通り

array(1) {
 [“a”]=>
 array(1) {
  [“b”]=>
  &array(1) {
   [“d”]=>
   &array(1) {
    [“a”]=>
    &array(1) {
     [“b”]=>
     &array(1) {
      [“d”]=>
      int(3)
     }
    }
   }
  }
 }
}

もといた勤務先が吸収される

学生派遣のときに仕事をしていたキュリオシティが去年Yahooに吸収されていたことが分かりました(いまさらですが)。中で仕事をしていた時に思ったのは、いろんな事にチャレンジしようとして入るものの、収益構造の確立ができずに失敗しているなぁと思ったことでした。
その感はまんざらでもなかったようで、三井物産から生まれた社内ベンチャーはITの流れの中にもまれて消えていったのでした。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0503/31/news061.html

PHP5の環境においてfgetcsvの処理後のカラムが文字化けする

fgetcsv関数はVer.4→5の間で仕様変更があり、ロケール設定を考慮するようになったので、場合によっては文字化けしたり、\””に囲まれた改行を正しく処理できなかったりする。その場合には、

setlocale(LC_ALL, ‘ja_JP.eucJP’);

をコードに埋め込むか、もしくは、/language/japanese/global.phpに記述すると良い。

iptables

ファイヤーウォールを初期化して保存する方法について
iptables -L #ファイヤーウォールの設定状況を確認する
iptables -F #ファイヤーウォールの設定を初期化する
iptables -A RH-INPUT-CHAIN -p tcp –dport 80 -mstate –state NEW -j ACCEPT #80番ポートの受け入れを許可(厳密にはSYNパケットを許可)
#外部DNSを参照できなくする(こんなことはほとんどすることはないが。。。)
iptables -A OUTPUT -p tcp –dport 53 -j REJECT
iptables -A OUTPUT -p udp –dport 53 -j REJECT
#外部にメールが飛んでいかないようにする
iptables -A OUTPUT -p tcp –dport 25 -j REJECT
/etc/init.d/iptables save #ファイヤーウォールの設定を保存する(これを実行しないと(iptablesを)再起動すると元に戻ってしまう)