SANとNAS

SAN(Storage Area Network)とNAS(Network Attached Storage)は同じようなことを言っている(ストレージをネットワーク上に配置して仮想化して位置透過性を実現して利用する)ということなのだが、SANはネットワークそのもの、NASはハードウエアを示している。
SAN: http://e-words.jp/w/SAN.html
NAS: http://e-words.jp/w/NAS.html
ただ、具体的な違いは、ファイルシステム(NASはストレージ自身で持っているが、SANはサーバー側に持つので、互換性のないOSが同じ領域を読み込むと破壊が起こるがSANの方がオーバーヘッドは小さい)ストレージとの接続方法にあるようだ。
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/keyword/007san_nas/007san_nas.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060407/234778/?ST=start4

最近はJ-SOX(日本版SOX法)対応や地震などのサービスを継続しがたい状態になった場合でも他のスタンバイサーバーで最新データにて運用を継続するなど冗長化への利用も増えているようだ。

snmpとMRTG

○CPUのLoad Averageをグラフに描画する
snmp.confでの設定は特に不要
Target[192.168.0.1_cpu]: 1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.1&1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.2:
public@192.168.0.1 (※改行されていますが、1行です)
MaxBytes[192.168.0.1_cpu]: 300
YLegend[192.168.0.1_cpu]: Load Average
LegendI[192.168.0.1_cpu]: 1min
LegendO[192.168.0.1_cpu]: 5min
ShortLegend[192.168.0.1_cpu]: %
Unscaled[192.168.0.1_cpu]: dwmy
Title[192.168.0.1_cpu]: Load Average for www.hogehoge.com
PageTop[192.168.0.1_cpu]: <H1>Load Average for www.hogehoge.com</H1>
Options[192.168.0.1_cpu]: gauge,growright
ThreshMaxI[192.168.0.1_cpu]: 50
○httpd(inetd)のプロセス数をグラフに描画する
snmp.confに以下の行を設定する
proc httpd
proc指定は.1.3.6.1.4.1.2021.2のMIBで取得可能なので、MRTGでは
Target[192.168.0.1_httpd]: .1.3.6.1.4.1.2021.2.1.5.1&.1.3.6.1.4.1.2021.2.1.5.1:
public@192.168.0.1: (※改行されていますが、1行です)
MaxBytes[192.168.0.1_httpd]: 200
Title[192.168.0.1_httpd]: HTTPD Process for www.hogehoge.com
PageTop[192.168.0.1_httpd]: <H1>HTTPD Process for www.hogehoge.com</H1>
Options[192.168.0.1_httpd]: absolute,gauge,nopercent,integer
Unscaled[192.168.0.1_httpd]: dwmy
ShortLegend[192.168.0.1_httpd]: process
YLegend[192.168.0.1_httpd]: HTTPD Process
○PostgreSQLのコネクション数をグラフに描画する
まず、vi /home/postgres_process.shとして以下を記述する
—————————
#!/bin/sh
LANG=C
export LANG
POSTGRESQL=`ps -ef | grep -w postgres | grep -cv grep`
echo $POSTGRESQL
—————————
chmod oug+x /home/postgres_process.shとして実行できるようにする。
ためしに/home/postgres_process.shを実行して数値が帰ってくるか確認する。
snmp.confに以下の行を設定する
exec postgresql /home/postgres_process.sh
exec 指定は.1.3.6.1.4.1.2021.8のMIBで取得可能なので、MRTGでは
Target[192.168.0.1_postgresql]: .1.3.6.1.4.1.2021.8.1.100.1&.1.3.6.1.4.1.2021.8.1.100.1:
public@192.168.0.1: (※改行されていますが、1行です)
MaxBytes[192.168.0.1_postgresql]: 150
Title[192.168.0.1_postgresql]: PostgreSQL Process for www.hogehoge.com
PageTop[192.168.0.1_postgresql]: <H1>PostgreSQL Connection for www.hogehoge.com</H1>
Options[192.168.0.1_postgresql]: gauge,absolute,integer,unknaszero,nopercent
Unscaled[192.168.0.1_postgresql]: dwmy
ShortLegend[192.168.0.1_postgresql]: connections
YLegend[192.168.0.1_postgresql]: PostgreSQL Connection
を設定する。
ところで、デフォルトではグラフの向きが左向きになっているが、日本人の感覚では時系列は右向きであることが自然だ。そこで、全体にgrowrightを効かせる方法(オプションディテクティブ)があるので、これも使ってみると良い。
Options[^]: growright

“snmpとMRTG” の続きを読む

md5sum

md5チェックサムの使い方

生成方法
md5sum (target_file) > (md5チェックサムファイル)

検証方法
md5sum –check (md5チェックサムファイル)


OKの場合
(target_files):OK

NGの場合
・・・エラー内容・・・
md5sum: WARNING: 1 of 1 listed file could not be read

ネットワークのいろは

通信方法
・ユニキャスト通信
ホストとホストが1対1で通信すること。
・マルチキャスト通信
特定のネットワーク全体に通信すること。
・ブロードキャスト通信
特定のネットワークに依存せず全ての端末と通信すること。DHCPサーバーを見つけるために問い合わせを行うときにも使われる。

その他
・オクテット
1byte=8bitとは限らないが、1オクテット=8bitである。

Apache2 + PHP + PostgreSQLインストール

Apache2 + PHP + PostgreSQLインストールの際のPHPインストールオプションメモ
./configure –with-pgsql=/usr/lib/pgsql –enable-magic-quotes –enable-sockets –enable-memory-limit –enable-calendar –enable-ftp –enable-mbstring –enable-mbstr-enc-trns –enable-mbregex –with-mime-magic –enable-mbstr-enc-trans –with-freetype –enable-gd-native-ttf –with-xml –with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs –with-gd –with-jpeg-dir –with-zlib –with-png –with-curl –with-openssls –with-config-file-path=/etc

make
make install

DMLとDDL

DML(Data Manipulation Language)
SELECT, INSERT, UPDATE, DELETEなどレコードの追加や変更、削除に使われるSQL言語

DDL(Data Definition Language)
CREATE, ALTER, DROPなどテーブルの追加や変更、削除に使われるSQL言語

locale変更について

bashシェルにおける環境変数の変更はexportコマンドを利用する。
たとえば、localeを変更する場合には、
export LANG=”ja_JP.eucJP”
とすればよい。
確認は、
export $LANG
とする。確か、cシェルの場合にはsetコマンドで変えられたはずだが。。。ちょっと調べてみたい。